商品のタイプ

青汁には、様々な種類があります。一番人気があるのが粉末状の青汁です。

それ以外にも、冷凍や、粒、フリーズドライタイプなどがあります。

種類によって、長所もあれば短所もあります。ここでは、それを紹介したいと思います。

粉末状の青汁

今もっとも人気で、数多く販売されている青汁のタイプで、別名乾燥タイプとも言います。その名のとおり絞った青汁を乾燥させて作るものです。

青汁の成分を損なうことなく、長期間保存できるのは利点の一つです。それだけでなく、水や牛乳があればいつでもどこでも飲め、飲み方に創意工夫を凝らすこともできます。

粉末状なため、携帯できる手軽さというのも利点といえるでしょう。また、味も比較的飲みやすいものが多く、冷凍タイプが苦手でも粉なら飲めるという人もいるのではないでしょうか。

ただ、冷凍タイプやフリーズドライタイプに比べると、熱によるビタミンの劣化があるでしょう。

 

 

冷凍・液体タイプ

冷凍タイプとは、絞った青汁を液状のまま急速に冷凍したものを言います。

青汁が発売された頃には主流なもので、今でもポピュラーといえるのではないでしょうか。一番の利点は、新鮮な青汁をそのまま飲めるということです。

粉末タイプのように熱処理が行われていませんので、鮮度も栄養も抜群です。元から液体状なので、ざらざらした感じが残ることもありません。

ただ、その新鮮さゆえに青汁本来の青臭さや苦みが残り、飲みにくいと感じる人も多いでしょう。

 

 

フリーズドライタイプ

フリーズドライの青汁は、乾燥させた青汁をお湯や水でもどして飲むものです。

凍らせた青汁を真空乾燥させて作るもので、乾燥させるときにも栄養価を残すのがこのタイプの特徴です。熱処理をしないので鮮度が保たれ、また保存も効くので、最近では増えてきている製造方法です。

 

 

粒タイプ

これは、青汁の成分をそのまま凝固させて固形化させたものです。

薬やサプリメントと同じように飲み込むことができるので、青汁が苦手でどうしても飲めないというひとにおすすめです。また、実際は食品ですから、薬との併用などは気にしないで飲むことができます。

日々の生活が忙しい方などにはありがたい手軽さが一番の特徴でしょう。

しかし、液体タイプと同程度の量を粒タイプで摂取しようとすると、大量に飲まなければいけなくなります。目安はだいたい一杯で20粒ほどですので、欠点としてはその点が挙げられます。