青汁の成分

青汁の成分は、青汁の原料と栄養分にも書いてあるとおり、豊富で多種多様な効果が期待されます。それ以外にも、青汁の原料に含まれるビタミンAには肌荒れや目の疲労予防、老化防止にも効果があるとされています。

ビタミンCには美肌効果や免疫力の向上の効果があります。

また、牛乳の2倍含まれているカルシウムは骨格を生成するために重要な成分で、カリウムは疲れにくくする効果がある成分として非常に重要です。

これだけたくさんの栄養分・成分が含まれている青汁を飲むことが、生活習慣病や骨粗しょう症を防ぐことに繋がります。

青汁をおいしく飲む方法はこちら。   

成分を失わないために

青汁は、栄養価が高く効果があると思われるものほど、青臭さや苦みを感じるものが多いのです。これを解消するためにはちみつを加えた製品や、レモン風味の製品などが数多く商品化されています。

また、大麦若葉や抹茶を加えることで味と栄養のバランスを保っているのです。

粉末状の青汁は、各野菜の栄養分と風味を絶妙なバランスで取り入れられ、たくさんの飲み方ができるよう工夫がされています。 青汁以外にも今大注目の健康食品イソフラボンhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.asia/josei.htmlもおすすめです。