青汁でがん予防

がんは、日本でもっとも死亡率が高い病気です。
しかし、早期発見早期治療で治癒ができると言われていると同時に、生活習慣次第で発生率をかなり低下させることができると言われています。

しかし、実際はバランス良い食生活と適度な運動を心掛けて実行できている人はなかなかいないでしょう。だからこそ、健全な食生活を補助する食品として、青汁が注目を浴びているのです。

青汁で改善する食生活

青汁には、老化を促進したり、生活習慣病を引き起こす活性酸素の活発化を抑制するベータカロチンやビタミンが非常に多く含まれています。

その中でも、ビタミンA、C、Eには抗酸化作用にすぐれ、がんの発生を防ぐ効果があるのです。

また、青汁を習慣化し飲み続けることで、免疫力が高まるということも近年では発表されています。免疫機能を向上させるということは、がん予防だけでなく、多くの病気を防ぐ基本になります。実際に、がんだけでなく、生活習慣病、成人病、アルツハイマー病の予防にもなると言われています。

がん予防になる主成分が多く含まれているのは桑の葉や明日葉ですが、特に明日葉に含まれているカルコンという成分は、抗がん作用、内臓脂肪解消、抗菌作用などの効果があると言われていることで関心を集め、明日葉が主原料の青汁も今後は増えていくかもしれません。

しかし、最も重要なことは青汁を飲み続けることですから、青汁習慣を身につけられるように工夫してみましょう。
最近の青汁http://www.ableresources.org/10.htmlは苦くないので、普通に飲むこともできますし、料理などに入れて自分の青汁レシピを試すのもおすすめです。